(温泉に行きたい)名湯の口コミ評判、日帰り貸切露天風呂の予約と比較評価によるランキング

温泉に行きたいHome rss feed

道後温泉の体験談、愛媛県のお肌がスベスベになる泉質

愛媛の道後温泉は坊ちゃん湯としても親しまれている

「四国4県の名前を言ってみろ」と言われ、戸惑う者も少なくはない。クイズになるほどなのだから、意外と覚えられていないのだろう。しかし「道後温泉」という名前は、きっと誰もが知っているに違いない。
文豪、夏目漱石が描いた「坊ちゃん」に出てくる温泉だ。道後温泉の本館は「坊ちゃん湯」としても親しまれている。
この道後温泉。本館を中心に様々な旅館やホテルが立ち並んでいるが、やはり本館での入湯を楽しんでもらいたいと思う。
この本館、少々変わっているのだが、「神の湯」と「霊の湯」があり、値段も違う。さらに霊の湯には二階、三階、個室まであり、できれば贅沢に個室を楽しんでみてはいかがだろうか。ただ休日はすぐに予約で埋まるため、小生も未だ個室にだけは入浴したことがないので、いずれ楽しんでみたい。
道後温泉本館は宿泊できないため、その周辺に宿を取ることになるのだが。そのほとんどの宿で、朝六時(開館)、正午、午後六時(閉館)になると本館「振鷺閣」より聞こえる刻太鼓の音を耳にするだろう。なんとも風流だ。

道後温泉の泉質は肌がすべすべになる

道後温泉の泉質は、少しぬめりがあり湯上りには肌が喩えようもないほどスベスベになる。さすが日本三古湯の1つだけある。
忘れてはならないのが、小生がいつも楽しみにしていて、道後温泉本館前のアーケードを抜けたところにある、からくり時計だ。なかなか大掛かりなからくりで見応えがある。その近くには足湯もあれば、坊ちゃん電車も見える。存分に「坊ちゃん」の世界を堪能してもらいたい。


関連するレポート

    None Found

[ 2012/09/20 ]
温泉に行きたい
Copyright © 温泉に行きたい. All rights reserved.