(温泉に行きたい)名湯の口コミ評判、日帰り貸切露天風呂の予約と比較評価によるランキング

温泉に行きたいHome rss feed

越後湯沢温泉の泉質は疲労回復、筋肉痛、神経痛によく効く

越後湯沢温泉は川端康成「雪国」の舞台に

「トンネルを抜けると雪国であった」。
多少なり文学を嗜んだ人間であれば、誰もが知っている有名なフレーズだ。
川端康成「雪国」の冒頭である。
その舞台となったのが、越後湯沢温泉だ。
新幹線を利用しても行くことができるのだが、ここは是非、群馬県にある水上駅から在来線を使い、清水トンネルを抜けてもらいたい。
特に雪の季節は是非。
小生も必ずそうして越後湯沢温泉に向かうことにしている。
小説の世界が鮮やかに、目の前に広がることだろう。

そして越後湯沢温泉にたどり着いた際には、『雪国のお宿高半ホテル』に足を運び、今も現存する「かすみの間」を見て欲しい。
一般公開されている。
ここで実際に川端康成が「雪国」を執筆していたと思えば、なんとも感慨深いものである。
このホテルには、雪国や川端康成に縁のあるものを展示いてるコーナーもある。
こちらも圧巻だ。

越後湯沢温泉の自然も楽しもう

さて、越後湯沢温泉の楽しみ方はそれだけではない。
大いなる自然も楽しもう。
スキーのメッカと言われるだけあって、スキー場の数も多い。
冬はそうやって雪と戯れ、春から秋にかけては少し足を伸ばし、大源太グランドキャニオンを散策しよう。
カヤックも楽しめる。

忘れてはいけないのが、温泉である。
越後湯沢温泉は疲労回復、筋肉痛、神経痛によく効くといわれている泉質で、湯量豊富なそれは、今では一般家庭の風呂にまで使われているそうだ。
なんとも羨ましい話である。
本気でこの地に移り住みたいと考えてしまうほど、居心地の良い処なのである。


関連するレポート

    None Found

[ 2012/09/12 ]
温泉に行きたい
Copyright © 温泉に行きたい. All rights reserved.